コノリメモ

MMDで遊んでます。 http://www.nicovideo.jp/mylist/24758787

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3回MMD東北勉強会 4時間目

まゆたまさんの発表の資料も、こちらで配布されてます。


4限 まゆたまさん  

カメラワーク自問自答


1 カット割

カットとは 
 一つの繋がりになっている映像の区間  
 4~5秒のような短い区間を並べて動画を構成する
      短いカットそれぞれで1つの内容を伝える 
      例 少女が暗い部屋で寝てるシーンを3カットで構成
           寝てる全体のカット  
           表情のカット
           蝶と花カット
        ミクが歌うシーンを3カットで
           ステージのカット
           リズムを取るカット
           表情のカット

カット割とは 撮影(収録)前に、台本上で演出糸に合わせて区切りをつける

カメラの回し方 何を伝えたい映像か

カメラ役の心得  視聴者の代表として目になる→見たいモノを映す
         監督として伝えたいことを探す→見せたいものを映す
          視聴者と撮影対象のパイプ役に徹する
          カメラすごい!はカメラが主役になっちゃってる

例えば 孤独のグルメのゴローちゃんといえば
      よくわからない定食屋で  
      なんだか出てきた定食を
      美味しく評論しながら
      ゆっくりと味わう
    これら1つずつを、それぞれカットで表現する

カット割しよう 
 端的に伝えたいことを表示できるのは、カットを分ける方法。長回しよりこっちが基本

映像業の格言  動きながら撮るのではない 動くものを撮るのだ
        →カメラは基本的に動かさない 動くときにはカットを分ける
         MMDでは多用しがちだが、カメラを動かすのは応用的なこと




2 イマジナリーライン

イマジナリーラインとは 2人の対話者の間を結ぶ仮想の線
あるいは人物、車両等の進行方向に伸ばした線

カメラマンはイマジナリーラインより向こうに行っちゃだめ
これを守れば、対話してる=向かい合ってる人たちを撮影したとき、
一方は右を向いてもう一方は左を向くので1カットで一人しか映ってなくても誰と誰が対話してるか分かる
場面転換したタイミングでイマジナリーラインを引き直す

位置関係の説明となる全体のカットを入れるのも有効

イマジナリーライン=内容を正確に伝える方法として映画業界で開発された手法。




3 舞台における上手と下手

舞台演劇では、
客席から見て右を上手(かみて)、左を下手(しもて)
としてそれぞれに意味をもたせている。
これは8時だよ全員集合などのテレビ番組やアニメでも踏襲されている。

視聴者から見て左(下手)     ←→      視聴者から見て右(上手)
 職場のような不安感                実家のような安心感
   不安                        安定
   未来                        過去
  へりくだる                      偉い
  敵がいる                     自分の城がある   

例えば、宇宙戦艦ヤマトなどで敵へ向けて主砲をぶっ放すようなときは右から左へ。
味方に当てちゃうようなときは左から右へ。
弱虫ペダルで進む方向が右になったり左になったりするのは、おそらく疾走感や焦燥感を表現してるから。

ニコニコ動画に限定して考えると、コメントが左へ向けて流れていくので、
コメントと合わせてみるとそれに逆らう動きをさせたほうが疾走感が出たりもする。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

検索フォーム

カレンダー

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

右サイドメニュー

プロフィール

このり

Author:このり
他のブログサービスを使ってたけどやっぱりイマイチで戻ってきました

非公開コメントを受け付けていますが、お返事は普通のコメントと同じようにお返ししています。お名前をイニシャル表記に、等のご希望があれば、どこかにお書き添えください。

拍手コメントへも、その記事のコメント欄からお返事しています。

カウンター

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。